読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青ざめながら必死に取り繕うという始末。

いつも行く近所の焼き鳥屋で、 ついつい、 友人同士という「設定」ではあり得ない、 ふたりが付き合っていて一緒に住んでいないと、 絶対出てこないようなフレーズを、 ぽろり、口走ってしまった。 当然、店の大将は「ん?」となり、 相方には目で殺され、 …

5月25日、雨。

5月25日、雨。 憂鬱な気分で職場に向かう。 通勤の電車の中で、 あてもなくネットを徘徊していて、 もしかしたら自分はこれなんじゃないかって言葉に当たった。 『社会不安障害』 症状とかだいたい全部当てはまっている。 程度にもよるんだろうけれど。 …

ちゃんと俺のオムツ変えてくれんの?

父親の手術が終わって、ひとまずほっとした。 病院の帰りに相方と待ち合わせて、軽く一杯。 話はどうしても歳いってからの話になり、 相方:「ちゃんと俺のオムツ変えてくれんの?」 僕:「んー、オムツは考えるけど、死に水は取るつもり」 相方:「先に俺が…

僕が気が弱いのは父親譲りだと。

僕が気が弱いのは父親譲りだと、 物心をついてこのかたずっと思ってきたけれど、 手術に向かう父親はとても毅然で、 命にかかわる大手術だと本人もわかっているはずなのに、 「ほんなら行ってくるわー」言うて、 きっと強がりなんだろうけれど、 それはまる…

ちゃうわっ!仮面ライダードライブやわ!

それはジュウオウジャーだっけ。 ちゃうわっ!仮面ライダードライブやわ! 子供の扱いに慣れてないから、 目線を下げて話すのに苦労する。 というか、甥っ子のテンションに合わせてると、 途中でなんだか気恥ずかしくなってくる。 世のお父さんお母さんは大…

できたら、パキパキの青空じゃなくて。

大昔、 「悲しいほどお天気」なんてタイトルの曲がありましたが、 相方さんがいないひとりの休日は、 できたら、パキパキの青空じゃなくて、 くもりとか雨のほうがいいかな、と、思うわけです。 精神的に。 出張でしばらくおひとり様の日々。

動物さんたち大集合だワイワイ。

岡崎体育 『感情のピクセル』Music Video 「デブ専!?」 「いいえ、デブも専です・・・」 『感情のピクセル』のMVをみて、 岡崎体育はやっぱりかっこいいナァと思うわけです。 「タイプの芸能人は?」との質問に、 これまではDeNA筒香と答えてました…

「愛」なんていう、高尚な概念はどこにもなく。

朝、相方のブリブリブリって大便の音で起こされて、 「うるさいわっ!!」言うたら、 「一生、腹にうんこ溜めとけっちゅーんかいっ!!」 いうて怒鳴られて、 ていうコテコテの毎日のなかに、 「愛」なんていう、高尚な概念はどこにもなく。 あるのは、ただ…

早く六甲おろし歌いたいでふ。

6月の甲子園のチケットを取ろうとしたら、 一塁側はすでに売り切れていて、ふたりで愕然。 そりゃあなかなか、お目にかかれない首位だもの。 みんな行きたくなるわなあ。 しゃあなしで三塁側を取りました。 早く六甲おろし歌いたいでふ。

今年の正月はタイに行くかい?

パックブーンファイデーン(空心菜炒め) パットガパオ(ガパオライスの上のやつ) ソムタム(パパイヤのサラダ) タイ人がやってるタイ料理屋さんで晩ごはん。 日本人に媚びない、タイそのまんまの味付けが辛いのなんの、 舌の先がヒリヒリしてビール飲みま…

金沢とか、世界遺産とか。(後編)

あおぞらのあお。 やまのみどり。 つちのちゃいろ。 都会とはぜんぜんちがう色。 なにげに、 ふたりで井上陽水の「少年時代」を口ずさむ。 都会育ちだけど、なんかどっか懐かしい。 金沢から車で小一時間。 ここは世界遺産、五箇山。 「白川郷なんてどうせ人…

金沢とか、世界遺産とか。(前編)

ふたりで行った場所、 ふたりでまだ行ってない場所。 電車の旅は、谷村新司のJRのCMを思い出す。 僕らもそのうちCMの老夫婦みたいになって、 むかし行った場所を旅するんだろうか。 「そういえば金沢にはまだ、行ったことなかったよね?」 僕がそう言…

世の中は悪意に満ち溢れている。

ハイチだかどっかの国で、 同性愛者という理由で焼かれて殺されている動画をみた。 そうやって僕はときどき、 自分のセクシャリティを思い出し、 絶望する。 世の中は悪意に満ち溢れている。

流しの下。

流しの下を片付けておりますと、 土産物の「余り」の多さにびっくりします。 お茶、インスタント麺、お菓子、スープなどのペースト。 そしてそのほとんどが相方の買ってきたものです。 その時は、 これ食べたい、これ飲みたいと言って、 あれやこれやと買っ…

駅前の居酒屋やバルを制覇する勢いで。

駅前の居酒屋やバルを制覇する勢いで、 週末はふたりで外食を続けておりますが、 数あるお店のなかでも、やはり、 ふたりともが気に入って、 足しげく通うようになる店があり、 昨日の店は少々お高めではあるんですが、 それだけに騒ぐ若い連中が来ないので…

ステテコなのやそうです。

なんの気まぐれか知りませんが、 相方さんからプレゼントをいただきました。 誕生日でもないし、 記念日はこないだやったばっかりですし、 なになになになに!? 怖い怖い怖い怖い!! いうて、口では言いましたが、 何でもない日にプレゼントをもらえるっち…

とはいえ、しょっぱなから夜RUNは頓挫中。

まずは夜RUNをしよう。 公園とかさ、川沿いとか走って体を作らんとやわ。 そういって外で走る用のランニングシューズを揃えて、 走ってるときに携帯とか小銭とか入れられるようにと、 ウエストポーチまで二人分買ったわけですが、 買うだけで満足したのか…

「うしゃあ、夏は山じゃぁああ!!」

「うしゃあ、夏は山じゃぁああ!!」 と、相方の威勢のいい号令のもと、 今年の夏休みはひさびさ登山することが決まりました。 旧ブログを読んでくださっていた方はご存知でしょうが、 僕らはもともと山が好きでして、 毎年、夏になると、 槍ヶ岳、北岳、奥…

こうゆう人生でええんかいな。

こうゆう人生でええんかいな。 ええもなにも、もう後戻りでけんでしょうに。

僕ららしい記念日。

結局、焼き肉でした。 僕が提案したホテルのディナーは却下されたけれど、 僕ららしい記念日。 そしてハシゴでワインの美味しい店に。 22年目を迎えた自分たちに、 おめでとう & 今までありがとう。

そういうのが、とてつもなく贅沢なものになってしまった。

なにもしない休日。 ただただ、ふたりで寝たおした。 映画でも借りようかという話にもなったけれど、 もうそれすらも億劫で、たまたまテレビでやってた阪神の試合見て、 そしたら結局雨でノーゲームになって、 ふたりで「え~!」なんて言いながら、仕方なく…

霧雨のなか、ふたりで桜を見上げる。

霧雨のなか、ふたりで桜を見上げる。 僕「きれいやの」 相方「ていうか、ごめん、ウンコしたい」 僕「ええっ!このタイミングでっ!?」 つーて相方さん、トイレにかけこんで、 ウンコ待ちに撮った一枚。 桜は夜がいい。

そういえばあの日も、雨降りだったような気がします。

クラブのフロアの隅っこで、 相方が声をかけてきてくれたのが、 もう21年前。 うむ、人生の半分じゃないか。 というか、もうすぐ四半世紀じゃないか。 桜が滲んでいます。 そういえばあの日も、雨降りだったような気がします。

ほら、このシメサバだって十分美味しいやないの。

リッツ・カールトンのフレンチ行きたい。 帝国ホテルの鉄板焼行きたい。 インターコンチネンタルでもいいよ。 という僕の提案はことごとく却下。 相方:「どこにそんな金があるねんっ!!!」 記念日を迎えるにあたって、 こんなときこそ豪華にいきたい僕と…

天気予報は雨のようで。

我が家のまわりもようやく花が咲き始めました。 週末はふたりで花見でも行こうか、なんて計画しておりますが、 天気予報は雨のようで。

ごめん。

年度はじめで、 最近いつも家に帰るのが遅くてごめん。 休みの日に父親の病院に行って、 ずっといなくてごめん。 洗濯とか掃除とか全部させちゃってごめん。 やっと一緒にごはん食べられたのに、 疲れた顔しててごめん。 相方に謝りたいことが、いっぱいある…

どのみちもう、後戻りなんてできない。

先日倒れて生死をさまよった父親も、 ようやく落ち着いて普通に話ができるようになった。 そんな父親が言う、まだ弱々しい声で。 「もう結婚はせんのかいな」 死の淵をさ迷って、 そして心配に思ったことが、それだったのだろう。 僕は「せんよ」とだけ答え…

憎い、恋しい、憎い、恋しい。

一緒に住んでいると、ただ好きなだけではいられません。 こちらはこちらの言い分があり、 相手には相手の言い分があり、 一番好きなひとが、一番憎いひとになることだってあります。 憎い、恋しい、憎い、恋しい、 そんなのを繰り返していくのでしょう、これ…

相方とは所詮、他人だ。

相方とは所詮、他人だ。 さいきん、そう思うことが多い。 結局、それぞれはそれぞれだ。 1+1は1+1であって、2なんかじゃない。 そんな夜。もう勝手にしやがれ。

このブログをはじめて2年が経つことを知る。

はてなブログからこんなメールがやってきて、 このブログをはじめて2年が経つことを知る。 そっかあ、あれから2年も経つんだなあ。 8年のブランクの末に再び暮らし始めた僕らは、 なんだか老夫婦みたいで、 特にこれといったドラマもなく、 ただ淡々と愛…

そんで、父親が倒れていろんなことを考えた。

そんで、 父親が倒れていろんなことを考えた。 ICUてやっぱ二親等とかじゃないと入れないんや、とか。 つまり僕は将来、相方の死に目には会えないし、 逆に僕が死ぬとき、そこに相方はいないんやなあって。 わかっちゃいたけど、寂しいなあって。 あと、 …

父親が倒れました。

父親が倒れました。 ICUで生死をさまよい、 その後安定して意識を戻しました。 その間、僕は動揺している暇もなく、 父親が自営のため、関係各所への連絡や、 入院の事務手続きに追われ、 もちろん自分自身の仕事もこなし、 疲労困憊、ぐったりの一週間で…

うちかわぁぁぁああああ!!

うちかわぁぁぁああああ!! やまだぁぁぁああああ!! このところの我が家はこんな夜が続いてます。 キューバ戦の今日も競り勝ってハイタッチ。

しゃぁぁあああっ!!

しゃぁぁあああっ! 中田打ったぁぁぁあああ!! 二塁打ぁぁぁああああ!!! つーて、テレビの前で大興奮のおっさんふたり。 昨日のWBCオランダ戦は燃えました、燃え尽きました。 隣近所から苦情が来る日も近そうです。

うたたね。

部屋がオレンジ色に染まって、 僕らはうたたね。

梅を見に大阪城へ。

梅って香りしないと思ってたんだけど、 ときどき梅ガムそのまんまの香りするのな、 と相方が言った、 今日は3月12日、日曜日。 久しぶりに休みが合って、梅を見に大阪城に行ってきた。 このところずっとお互い仕事オンリーの毎日で、 ふたりでデートらし…

昨日は奮発して回らないほうのお寿司。

相方がようやく出張スパイラルから解放されたようで、 おつかれさんってことで、 昨日は奮発して回らないほうのお寿司。 大将が目の前でしめてくれた鯖をいただきました。 「ちきしょう、ウメーじゃねえか!」 とは、相方の談。

もう惚れた。

もう惚れた。 筒香すげえ!!ピンチの後のホームラン!! つーて、相方とWBCをみる夕べ。

酒は僕を幸せな気分にしてくれます。

そして、獺祭をいただきました。 酒は僕を幸せな気分にしてくれます。 隣に相方がいればなおさらです。

さも幸せそうにブログに綴ってはおりますが。

こんな感じで相方との日々を、 さも幸せそうにブログに綴ってはおりますが、 こんな僕にかって、不安な夜はあります。 得たいの知れないくらいでっかいでっかい岩みたいなんに、 プチって虫けらみたいに潰されそうになります。 となりで眠っている相方の手を…

「お土産は獺祭がいい!」

山口県に出張に行くというので、 ダメモトで「お土産は獺祭(だっさい)がいい!」なんて言っていたら、 相方さんたらホンマに獺祭、買って来はりました。 しかも現地でしか手に入らないバージョンだそう。 まあまあ、値がはるはずなのに… ムリさせてしまった…

興味のある映画はだいたい見尽くしてしまった。

興味のある映画はだいたい見尽くしてしまった。 あとは、 過去に見た映画をもう一度見るか、 さして趣味じゃないものを無理やり見るか、 次に面白そうなものが出てくるまで何も見ないか。 歳を取るというのは、そういうことだ。 話は変わるけれど、 いま、相…

相方不在の夜はいつもここに来てしまう。

相方不在の夜はいつもここに来てしまう、 という、中華料理屋がある。 ひとりで入りやすいし、テレビ見ながらダラダラできるし、 美味しいし、ビール飲めるし、煙草吸えるし。 お気に入りの餃子(格別に美味い)の写真を相方に送ったら、 「行き過ぎやわっ」…

「運命の人」

仕事から帰ると、すでに相方は布団で眠っていた。 きのう徹夜仕事だったから、よっぽど疲れていたんだろう。 その背中を眺めながら、 やっぱり僕はこの人のことが好きなんだな、と改めて思った。 そう、これはただのノロケ話。 出会った頃から「運命の人」と…

そんな弱さもひっくるめての相方だから。

カーテンをあけるとほんのわずかに春の日差し、 今日は2月25日、土曜日。 夜おそくまで飲んで帰ってきて、まだアルコールのにおいがする相方から、 掛け布団を引っ剝いで、むりくり仕事に送り出す。 「遅刻するでしょうにっ!今日は大一番の日でしょうに…

夜遅ぉにYouTubeなんぞ見出しよってからに。

タイムボカン 主題歌 op なんやようわからんのやけど、 相方が夜遅ぉにYouTubeで『タイムボカン』なんぞ見出しよってからに、 「見て見て!これ懐かしー!!」なんて、 誘われるがままに引きずられて一緒に見とったら、 案の定の寝不足で。 明けて今日の仕事…

焼肉を前に沈黙するふたり。

焼肉を前に沈黙するふたり。 といっても険悪な雰囲気でも、ましてや喧嘩したわけでもない。 ただただ、お互いに仕事で疲れ果て、話をする気力も体力も残ってなかった。 ま、そんな日もあるわな。

要するに、酒の席のベタベタな疑似恋愛が好きなだけなのだ。

ゲイバーで酔っぱらうと色をこきはじめるのは、僕の悪い癖だ。 タイプの子が隣に座れば、かわいい、かわいいと誉めちぎって、 そのうち相手が身を寄せてきて、 僕の太ももなんかに触れてきたりなんかして、 カウンターの下で他の客にバレないように手を繋い…

続くひとりの夜は、僕に遠距離だった頃を思い出させる。

タイ出張から帰って来たかと思えば、 次の日、今度はベトナム出張に出て行った。 ったく、忙しいお人だ、相方は。 続くひとりの夜は、僕に遠距離だった頃を思い出させる。 ただ相方に会うために、必死でお金を貯めて、 2泊3日弾丸でバンコクに行ったことも…

鬼のいぬまに、流しの下の大掃除。

鬼のいぬまに、流しの下の大掃除。 賞味期限をとっくに過ぎた調味料。 賞味期限をとっくに過ぎたインスタントコーヒー。 賞味期限をとっくに過ぎたどっかのお土産のお菓子。 相方がいると、 それまだ食えるんじゃない? 賞味期限はだめでも消費期限はきっと…