はじめての暴露大会。

酒飲んだ勢いで、 お付き合い23年にして初めて、 お互いの年収を言い合うという暴露大会。 僕「えーっ!一千万くらいあると思ってた!」 相方「あるかっ!」 僕「ちょっと期待してたのにぃ」 つーて冗談言いつつも、 結果、お互い似たような収入だったこと…

にぶんのいち、越える。

ということでいえば、 相方さんと来月、丸23周年を迎えるので、 人生の44分の23。 あらま、とうとう、 にぶんのいち、越えるやないの。 そう、来月は付き合った記念日。 当日はお互い仕事なので、 その前後で、 美味しいものを食べに行こうかと計画し…

このブログが4周年なのやそうで。

人間にとって1年の長さは絶対ではなく、 「これまでの人生の何分の1」という方法でしか、 捉えることができないのやそうです。 いま僕は44歳なので、 1年は今まで生きてきた時間の44分の1。 つまり、22才の子の感じる1年の長さの半分、 言い換え…

焼酎が美味しいわん。

僕は相方の「安らぎ」になれてるだろうか、 そう自問自答する夜更け。 ほっと一息できる場所で、 ありつづけたいとは思ってるんだけど。 とにもかくにも、焼酎が美味しいわん。

俺らは、家族だ。

「俺らは、家族だ」 出張から帰って来た夜、 相方はそう言って、僕を後ろから抱きしめた。 「なんかあったん?」 「んにゃ、機内でいい映画みたんだよ」

一緒に老いていく。

海外出張から帰って、 疲れ果てた相方の顔は、 老けたというより、 老いたというほうが似つかわしく、 「久々見たらおじいちゃんなってるやん」つーて、 ケラケラ笑ってしまった。 かく言う僕も、 呑んだくれた次の朝は、やれ、 「どこのクソジジイやねん」…

3月は出張続き(相方さんが)。

相方さんときたら3月は出張続きで、 おおむね家におらず、 こちらとしてはもう、本当に困るわけです。 なにが困るって、 仕事から帰ってからの、心の充電ができない!! 日々のなんでもないやり取りのなかで、 随分とパワーをもらってたんでしょうが、 それ…

ハンドルの遊びのようなもの。

この歳になると、 「ハンドルの遊び」のようなもの、 の大切さがよくわかる。 この歳になると、 正論がイコール、 正解ではないことがよくわかる。 この歳になると、 大筋が合っていれば、 枝葉末節はどうでもよくなる。 この歳になると、 曖昧なものを曖昧…

ほんと、つくづくバカだねえ。

バカだねえ、ほんとバカだねえ。 飲み屋でひとり飲んだくれて、 夜の夜中にゲエゲエ吐いてるのが、 そこいらの若造じゃなくて、 四十もとうに過ぎた親爺っさんだって言うじゃないか。 そんなぶざまなことがあるかい。 深夜3時に起こされた、 こっちの身にも…

部屋の大掃除やら模様替えやら。

相方さんが出張中なので暇をもて余し、 部屋の大掃除やら模様替えやらをしている。 ここでの暮らしも丸4年。 シンプル・イズ・ベストで始めた部屋づくりも、 いつの間にか少しずつモノが増えて雑然としてきた。 まあ、生活している証といえばそうなんだけど…

鬼も笑うであろう正月のおはなし。

鬼も笑うであろう来年の正月の話。 フィレンツェに行きたいのん! という僕の懇願に、 相方さんがとうとう首を縦に振ってくれました。 (値段が)高いだの遠いだので、 ずっと反対されていたわけですが、 ここにきて、ようやく。 また気が変わる前に、 さっさ…

死んでも大阪を動かん。

懸念していた転勤の話。 とある地方都市で欠員が出てしまい、 立場上、明らか僕であろうと誰もが予想していたのですが、 結果、東京の人がそこに行くことになり、 ギリ、なんとか耐えたという感じです。 まあ、それが原因で、 東京で人事の玉突き現象が起こ…

お土産(おみや)はマクドかたこ焼き。

相方さんは飲み会やらで遅くなったとき、 お土産(おみや)を買って帰るのが慣例で、 それは大抵、マクドかタコ焼きなわけですが、 「しゃあないなあ、オマエにも食わしたるわ」つーて、 いつも決まってドヤ顔するのであります。

嫌なことがあったときには。

Bruno Mars - Finesse (Remix) [Feat. Cardi B] (Lyrics + Español) Video Official ここ数日、 仕事のことでかなりヘコんでたけれど、 ようやく気分も持ち直してきた。 思うのは、 攻撃してくるのも「人」だけれど、 救ってくれるのもまた「人」なんだなあ…

そのへんの塩梅が難しい。

思うに、 僕がなりたいのは、 大親友でもなく、同居人でもなく、 あくまで「カップル」なわけですが、 放っておくと、 男と男はただの独立した男と男であり、 男女の夫婦が年月を重ねるのとはすこし、 ニュアンスとかスタンスが異なるわけで、 かといって、 …

チョコ買うの忘れた。

あ、バレンタインのチョコ買うの忘れた。

カフェと居酒屋。

オマエと出会うまでは、 ちょっと空いてしまった時間に、 カフェで時間を潰すなんて習慣がなかったし、 今だってそうだ。 オマエから誘われないかぎり、 カフェに入ろうなんて選択肢ないもの。 不思議なもんだよな。 俺だってちょっとした時間潰しに、 居酒…

相方さんの肩を揉む夜

世の中3連休やっちゅうのに、 何が悲しゅうて朝から晩まで働かなあかんねんな。 てゆうどうにもならない愚痴を吐きつつ、 本日お休みで日がな一日、 家でゴロゴロしてた相方さんの肩を揉む夜更け。 「ところでこれは逆ちゃいますのん?」 「ジムで重いのあ…

外湯を全部巡れるか!? in城崎

冬といえば温泉でしょうよ。 そんでカニでもありゃ言うことないでしょうよ。 そんな話になりまして、 相方さんと冬の城崎(きのさき)に行って来ました。 城崎ーーー じつは僕らが付き合ってはじめて旅行したのがここ城崎だったんすよね。 あれから23年。 …

今日は厄日だ。

「転勤」という日本の悪しきシステムは、 これまでも幾多の「家族」を切り裂いてきたわけだが、 男女の夫婦であれば、 奥さんが仕事をやめて扶養に入るという選択肢もあるものの、 男同士にはそういう選択肢もないから絶望する。 今日は厄日だ。

フィレンツェに行きたいのん。

僕: イタリアに行きたいのん。 フィレンツェに行きたいのん。 ウフィッツィ美術館に行きたいのん。 相方: ほらまた始まった!!(怒)

リンゴ。

ひとつのリンゴを君がふたつに切る ぼくの方が少し大きく切ってある (吉田拓郎『リンゴ』) どこで聞いてきたのか、 リンゴは肺にいいと聞いて、 相方がリンゴを何個か買ってきた。 僕はよく煙草を吸うから、 いつも肺が健康診断でひっかかる。 お前はリン…

生活をダウンサイジングする。

年が明けてからというもの、 ちょいと景気づけに、などと、 超絶、訳のわからん理由をつけては、 美味しいもんいっぱい食べて贅沢三昧しております。 そこそこの年齢の独立した男ふたりが、 しかも生活をシェアしているので、 世帯所得ということで考えると…

一緒にいることで付随するもの。

「人となり」が好きだということもありますが、 その人と一緒にいることで付随する、 楽しい出来事に惚れるということもあるもんです。 この人と一緒にいなかったら、 たぶんこんな経験できなかったろうな、という感じで。 つまるところ、 インドは楽しかっ…

今年はスーパー大吉からのはじまり。

初詣に行っておみくじ引いたら、 巫女さんに「これ、レアですよ!!」って言われて、 見たらなんとスーパー大吉!!! 紙質が他と違ってキラキラしとるやないの。 ちなみに相方さんは凶でした。 僕「そんな恨めしそうな顔しないの」 相方「ちきしょうめ!」 …

インドでわしらも考えた。(3)

インド4日目の朝です。 今日は霧もなくすっきりしたお天気♪ ガンガーの朝日にたたずむ僕。 今もむかしも変わらずに太陽は昇ったり沈んだり、 ぐるぐるぐるぐる回ってんだなあ。 昨日も来たマニカルニカーガート(火葬場)。 多くの人がここで火葬されること…

インドでわしらも考えた。(2)

おはようございます、バラナシの朝です。 視界ほぼゼロの濃霧です。 犬と相方さん。 この霧では朝日は無理かもしれませんが、 とりあえずガンガー沿いのガートを散歩することにしました。 人の良さそうなおばあちゃんから、ガンガーに浮かべる花を買いました…

インドでわしらも考えた。(1)

ずっと行きたかったインド。 いつも「来年こそはインドだね」と候補に上がりながら、立ち消えになっていたインド。 正月、そのインドにとうとう行ってきました。 インドに行った人は、 ハマってしまって「また行きたい!」となる人と、 「二度と行くか、ボケ…

なにはともあれ。

なにはともあれ、 いつか死ぬまでに、 あの時、あんなことがあったよね、 とゆうのを相方と、 いっぱい作りたいと思ってるわけです。

昨日に引き続き。

「今日もクリスマスケーキ買って来たよ」だって。 昨日食べ過ぎて、もう食えんってなってたのに。 俺を肥えさせる気かっ!!つーて、ケラケラ笑った。