そんで、父親が倒れていろんなことを考えた。

そんで、 父親が倒れていろんなことを考えた。 ICUてやっぱ二親等とかじゃないと入れないんや、とか。 つまり僕は将来、相方の死に目には会えないし、 逆に僕が死ぬとき、そこに相方はいないんやなあって。 わかっちゃいたけど、寂しいなあって。 あと、 …

父親が倒れました。

父親が倒れました。 ICUで生死をさまよい、 その後安定して意識を戻しました。 その間、僕は動揺している暇もなく、 父親が自営のため、関係各所への連絡や、 入院の事務手続きに追われ、 もちろん自分自身の仕事もこなし、 疲労困憊、ぐったりの一週間で…

うちかわぁぁぁああああ!!

うちかわぁぁぁああああ!! やまだぁぁぁああああ!! このところの我が家はこんな夜が続いてます。 キューバ戦の今日も競り勝ってハイタッチ。

しゃぁぁあああっ!!

しゃぁぁあああっ! 中田打ったぁぁぁあああ!! 二塁打ぁぁぁああああ!!! つーて、テレビの前で大興奮のおっさんふたり。 昨日のWBCオランダ戦は燃えました、燃え尽きました。 隣近所から苦情が来る日も近そうです。

うたたね。

部屋がオレンジ色に染まって、 僕らはうたたね。

梅を見に大阪城へ。

梅って香りしないと思ってたんだけど、 ときどき梅ガムそのまんまの香りするのな、 と相方が言った、 今日は3月12日、日曜日。 久しぶりに休みが合って、梅を見に大阪城に行ってきた。 このところずっとお互い仕事オンリーの毎日で、 ふたりでデートらし…

昨日は奮発して回らないほうのお寿司。

相方がようやく出張スパイラルから解放されたようで、 おつかれさんってことで、 昨日は奮発して回らないほうのお寿司。 大将が目の前でしめてくれた鯖をいただきました。 「ちきしょう、ウメーじゃねえか!」 とは、相方の談。

もう惚れた。

もう惚れた。 筒香すげえ!!ピンチの後のホームラン!! つーて、相方とWBCをみる夕べ。

酒は僕を幸せな気分にしてくれます。

そして、獺祭をいただきました。 酒は僕を幸せな気分にしてくれます。 隣に相方がいればなおさらです。

さも幸せそうにブログに綴ってはおりますが。

こんな感じで相方との日々を、 さも幸せそうにブログに綴ってはおりますが、 こんな僕にかって、不安な夜はあります。 得たいの知れないくらいでっかいでっかい岩みたいなんに、 プチって虫けらみたいに潰されそうになります。 となりで眠っている相方の手を…

「お土産は獺祭がいい!」

山口県に出張に行くというので、 ダメモトで「お土産は獺祭(だっさい)がいい!」なんて言っていたら、 相方さんたらホンマに獺祭、買って来はりました。 しかも現地でしか手に入らないバージョンだそう。 まあまあ、値がはるはずなのに… ムリさせてしまった…

興味のある映画はだいたい見尽くしてしまった。

興味のある映画はだいたい見尽くしてしまった。 あとは、 過去に見た映画をもう一度見るか、 さして趣味じゃないものを無理やり見るか、 次に面白そうなものが出てくるまで何も見ないか。 歳を取るというのは、そういうことだ。 話は変わるけれど、 いま、相…

相方不在の夜はいつもここに来てしまう。

相方不在の夜はいつもここに来てしまう、 という、中華料理屋がある。 ひとりで入りやすいし、テレビ見ながらダラダラできるし、 美味しいし、ビール飲めるし、煙草吸えるし。 お気に入りの餃子(格別に美味い)の写真を相方に送ったら、 「行き過ぎやわっ」…

「運命の人」

仕事から帰ると、すでに相方は布団で眠っていた。 きのう徹夜仕事だったから、よっぽど疲れていたんだろう。 その背中を眺めながら、 やっぱり僕はこの人のことが好きなんだな、と改めて思った。 そう、これはただのノロケ話。 出会った頃から「運命の人」と…

そんな弱さもひっくるめての相方だから。

カーテンをあけるとほんのわずかに春の日差し、 今日は2月25日、土曜日。 夜おそくまで飲んで帰ってきて、まだアルコールのにおいがする相方から、 掛け布団を引っ剝いで、むりくり仕事に送り出す。 「遅刻するでしょうにっ!今日は大一番の日でしょうに…

夜遅ぉにYouTubeなんぞ見出しよってからに。

タイムボカン 主題歌 op なんやようわからんのやけど、 相方が夜遅ぉにYouTubeで『タイムボカン』なんぞ見出しよってからに、 「見て見て!これ懐かしー!!」なんて、 誘われるがままに引きずられて一緒に見とったら、 案の定の寝不足で。 明けて今日の仕事…

焼肉を前に沈黙するふたり。

焼肉を前に沈黙するふたり。 といっても険悪な雰囲気でも、ましてや喧嘩したわけでもない。 ただただ、お互いに仕事で疲れ果て、話をする気力も体力も残ってなかった。 ま、そんな日もあるわな。

要するに、酒の席のベタベタな疑似恋愛が好きなだけなのだ。

ゲイバーで酔っぱらうと色をこきはじめるのは、僕の悪い癖だ。 タイプの子が隣に座れば、かわいい、かわいいと誉めちぎって、 そのうち相手が身を寄せてきて、 僕の太ももなんかに触れてきたりなんかして、 カウンターの下で他の客にバレないように手を繋い…

続くひとりの夜は、僕に遠距離だった頃を思い出させる。

タイ出張から帰って来たかと思えば、 次の日、今度はベトナム出張に出て行った。 ったく、忙しいお人だ、相方は。 続くひとりの夜は、僕に遠距離だった頃を思い出させる。 ただ相方に会うために、必死でお金を貯めて、 2泊3日弾丸でバンコクに行ったことも…

鬼のいぬまに、流しの下の大掃除。

鬼のいぬまに、流しの下の大掃除。 賞味期限をとっくに過ぎた調味料。 賞味期限をとっくに過ぎたインスタントコーヒー。 賞味期限をとっくに過ぎたどっかのお土産のお菓子。 相方がいると、 それまだ食えるんじゃない? 賞味期限はだめでも消費期限はきっと…

いやいや、あんた自身もそのベクトルやからね、まぎれもなく。

岡崎体育がタイプだと言ったら、 電話の向こうの相方に「うぎゃああ」って引かれてしまった。 「まあオマエのベクトルではあるけど、今までで一番ひどいね」 「そうかなあ、カッコイイと思うけどなあ」 秦基博、妙義龍、エハラマサヒロ、堤下… これまで名前…

しばらく一人の生活が続きます。

出張前の景気付けに! という、とってつけたような理由で、昨晩も外食。 ピザとワイン、そしてアヒージョ。 この度重なる外食が我が家の家計を圧迫しているのは明白なわけですが、 お酒の誘惑にはふたりとも勝てないのです。 そして、今朝、相方さんは出張に…

ストレスフルな仕事をよくがんばった、うん。

一週間がんばったご褒美メシ。 お互いこの一週間、 ストレスフルな仕事をよくがんばった、うん。 相方は相方で口内炎できまくりだし、 僕は僕で、肌が荒れまくり。 でも幸せなのは、リセットできること。 しんどいときこそ、誰かそばに安心できる存在がいる…

なんやようわかりませんが、早めのバレンタインなんだそうです。

2月は出張でほとんど家にいないから、と、 なんやようわかりませんが、 早めのバレンタイン・チョコレートなんだそうです。 毎年、バレンタインなんてしてないのに何故?? しかもこんな早くに?? 頭ははてなマークでいっぱいですが、 まあ、いつもの気ま…

「はい、儀式ね」つって、ぎゅっと抱きしめあって10秒間。

それを僕らは「儀式」と呼んでるんだけど、 仕事から家に帰ると、僕らは日課としてハグをする。 いや、けっこう長い時間するから、もはやハグとは呼べないかもしれない。 「はい、儀式ね」つって、ぎゅっと抱きしめあって10秒間。 オッサンどうし、気持ち…

たとえば今、僕に相方がいなかったとして。

たとえば今、僕に相方がいなかったとして、 新しい相方選びで絶対欠かせないポイントは、 何やろなーって考えてみたんだけど、やっぱ、 「一緒に美味しくお酒が飲める人」 うん、これにかぎる。 お酒がないと、一緒にいる意味、半減っていうか。 週末メシ第…

週末メシはスペインバルでした。

もちろん幸せの基準なんて人それぞれだし、 人様と比べるべきものじゃないんだけれど、 どっちかゆうたら、幸せなほうかもしれんなあ、なんてしみじみ。 もちろん、しんどいこととかいっぱいあるけれど。 週末メシはスペインバルでした。 相方さんと「うんめ…

相方さんは本の虫。

相方さんは本の虫で、 本屋に行ったついでに買ってきたよ、と、 ぼくにプレゼントだそうな。 もういちど読む山川の世界史。 たまには本を読みなさい、なんて、 完全にアホの子扱い。

ここ大阪ではあり得ない寒さ。

今年最大の寒波がやってきて、 最高気温が5度てゆう、ここ大阪ではあり得ない寒さ。 相方がテレビみてケラケラ笑ってる。 外が寒いぶん、家があったかい。

ただ一緒に寝るだけの日が増えつつあるけれど。

お互い仕事が忙しくなって、 しかも休みも時間帯もビミョーに重ならなくて、 ただ一緒に寝るだけの日が増えつつあるけれど、 だからこそ、共有できる時間を、 もっと大切にしなきゃと思ってる。 ふたり、付き合っていることの意味がなくならないように。

だからページ数つけてって言ってるでしょうね!

昨晩の、酔っ払った相方の寝言。 相方「ページ数つけてっ!」 僕「?????」 相方「だからページ数つけてって言ってるでしょうね!」 僕「ページ数ってどういうこと?」 相方「もう!つべこべ言わずに早くページ数つけてっ!」 昔からこうゆうのよくあっ…

何ひとつ反論できず、苦虫かみつぶす。

冬、乾燥肌には欠かせないボディローション。 寝る前、裸になってベタベタ塗ってたら、 その様子を見ていた相方さんが 「なんやその腹はー!!」 つーて、ここぞとばかりにツッこんできて、 でも何ひとつ反論できず、苦虫かみつぶす。 ちゃんとジム行かなき…

「家族団らん」という感じがして、すごい好き。

寝る前、ほっと一息お茶を飲む。 テレビみて笑って、ふたりであーだこーだ言い合う。 この時間が「家族団らん」という感じがして、すごい好き。 京都で買った宇治茶、 相方さんの出張土産の台湾茶、 ベトナムのロータス茶に中国西湖茶。 いつのまにかストッ…

細木数子によると今年の運勢は健弱なのだそうだ。

細木数子によると今年の運勢は「健弱」なのだそうで、 たしかに年が明けて仕事が始まったあたりから、 からだの調子がすこぶる良くなく、 どっかが痛いとかそういうんじゃないんだけど、 つねにクラクラ、血の気がひいてる感じで、 相方にそれを言うと、 「…

我が家にまたブッダコレクションが増えた。

我が家にまたブッダコレクションが増えた。 相方さんがカンボジアで仏像を買ってきたのだ。 「いい買い物したわ」と、いたく満足げ。 たしかに、きれいなご尊顔だと、僕も思う。 仏様、僕らを守ってください。 お願い、頼むよ。

劇的なハッピーは要らない。

カンボジアから日本に帰って来て、 荷物だけ置いて、 ふたりで大阪天満宮に初詣に行ってきた。 ことしも安泰の日々が送れますように。 劇的なハッピーは要らない。 InstagramやTwitterでよく見かけるギラギラの輝きも要らない。 振り幅の大きくない、じんわ…

はたして僕らは、アンコールワットの初日の出を見ることができるだろうか。(4)

はるか彼方、地平線まで続く緑の大地。 まるで天空に浮かんでるみたいです。 ネットでこの絶景と出会ったときから、ずっと、来たかったんですよ。 めっちゃ怖かったけど、 プレアヴィヒア、一生モンの思い出になりました。 ツアーの人たちと一緒に昼ごはんを…

はたして僕らは、アンコールワットの初日の出を見ることができるだろうか。(3)

トンレサップ湖から帰って来て、再びアンコールワットにやって来ました。 コスミックさんが、午前中の涼しい時間帯は団体客でごった返すよと言うので、 見学を午後に設定したわけですが、 たしかに人は少なさそうなんだけれど、とにかく暑い…(>o<") 第一回廊…

はたして僕らは、アンコールワットの初日の出を見ることができるだろうか。(2)

1月1日、午前5時。 あけましておめでとうございます。 今日もコスミックさん(と僕らが勝手に呼んでいる)に連れられて、アンコールエリアに向かいます。 駐車場から、スマホのライトを頼りに進んだその先には、夜明け前のアンコールワット。 んー、ちょ…

はたして僕らは、アンコールワットの初日の出を見ることができるだろうか。(1)

ここはベトナムのハノイ。 トランジットで搭乗を待っているところです。 ここ10年、年越しはタイのリゾートで過ごしてきたわけですが、 teineinikurasu.hatenablog.jp 今年は一旦タイを卒業しようってことになりました。 そろそろ飽きたし、次のステップに…

かろうじてという感じでメリークリスマスです。

もう、仕事仕事仕事で、 相方と休みも合わないわ、ブログの更新も滞るわ、 生きるために働いてんのか、働くために生きてんのか。 かろうじて、という感じでやった、 我が家のクリスマスは餃子パーティーでした。 見た目はともかく味は最高。 世界が幸せであ…

備忘のために写真だけ更新。

なんつーか忙しすぎて、 文章とか考えられへんねんけど、 備忘のために写真だけ更新シマス。

そうゆう側面しかないというのでは窒息してしまう。

相方の行く店には、基本、僕は行かない。 僕が行く店には、基本、相方を呼ばない。 あ、飲み屋のはなしね。 お互い「逃げ場」がないと、 いっだって相方の彼氏である僕だとか、 僕の彼氏である相方とか、 そうゆう側面しかないというのでは、窒息してしまう…

梅田から阪急東通り、お初天神、堂山町をウロウロウロウロ×100。

相方は優柔不断だ。 そして厄介なことに、僕はそれに輪をかけて優柔不断だ。 そんなふたりなので、晩ごはんにどの店に入るかで、 一時間歩き回るなんてことが、ざらに、ある。 昨日は梅田から阪急東通り、お初天神、堂山町をウロウロウロウロ×100して、 …

毛布に相方の香りがしみついている。

毛布に相方の香りがしみついている。 といっても、香水のにおいとかそういうのじゃなく、 相方から発せられる相方の香り。 人にはそれぞれ香りがあるんだなあ、と知る。 普段、一緒にいると気づかないけれど。 相方はしばらく出張。 ひとりの夜を過ごしてい…

秋色。

やっぱ秋は京都だわな。 つーて相方さんに誘われるがままに、紅葉みてきました。 シーズン最後の週末。 たしかに落葉が進んで鮮やかな赤は見られなかったけれど、 のんびりした休日を過ごせました。 人混みを避けて一乗寺界隈に行きました。 まずは金福寺。 …

まるでドリフのコントに出てきそうな店なんだけれど。

ふたりでジムに行った帰り、 「腹減った~」つーて、 以前から相方が入ってみたいと言っていた食堂へ。 店構えが絵にかいたように小汚く、 まるでドリフのコントに出てきそうな店なんだけれど、 「こういうところのほうが、味はうまいんだよ」と相方が言うと…

40を過ぎた男ふたりが、「君の名は。」で涙する。

40を過ぎた男ふたりが、「君の名は。」で涙する。 という、地獄絵図。

すでに遠距離を選んだ人、選ぼうとしている人には頑張ってほしいな。

遠距離をされてる方のブログを読ませてもらっているうちに、 自分が遠距離してた頃を、クリアに思い出した。 あの8年間、それは僕の黒歴史。 旧ブログ(素晴らしき世界、その後)から読んでくださっている方は、 ご存知だと思うけれど、あの頃は病み切って…