読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして相方のひとりごとに不安になる。

f:id:teineinikurasu:20151026220447j:plain

 

鍋とワイン。

相方がぼそっと「俺ら、幸せなほうだよな、ゲイにしては」と言う。

「どったの、急に?」

「いや、なんでもね」

それが幸せをしみじみと噛みしめている感じじゃなくて、たそがれた感じだったから、その言葉の真意を聞けなかった。

なんだろ、この心がざわつく感じ。