読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晩ごはんを天一で済ます。

f:id:teineinikurasu:20160119221748j:image

思い出の味、数々あれど、
なかんずく天一は学生の頃を思い出す。

「よくバイト明けに待ち合わせて、(京都の)新京極の天一に行ったよね」

今日は疲れてごはん作るのめんどくさかった。
というか、このところ家事を怠けて、外食続き。