読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰り道、相方が「あと何回ふたりで花火見られるかなあ」と言った淀川花火。

f:id:teineinikurasu:20160806234357j:plain

 

自分から淀川花火に行きたい、行こうぜい、

なんて言い出したくせに、

ちょっと雨雲が広がりだしたら「やっぱやめとく?」と、

二の足を踏むので、

「ここまできたら行くやろ、普通!!」つってムリヤリ相方を連れ出した。

 

そして、この大輪。

僕:「ほらごらん。ったく出不精なんだから」

 

f:id:teineinikurasu:20160806234429j:plain

 

ひさしぶりの淀川花火はあいかわらず心臓に響く爆音で、

その爆音のたびに、でっかいのが次々に上がって、

ふたりで「おおスゲえ」「ヤバイバイ」つって大興奮。

 

f:id:teineinikurasu:20160806234456j:plain

f:id:teineinikurasu:20160806234530j:plain

 

帰り道、

相方が「あと何回ふたりで花火見られるかなあ」と言った。

 

たとえばどちらかが死んだり、

体を壊したり、

仕事やいろんな理由で離ればなれになったり、

 

そんな未来が年齢的に決して遠くないわけだけれど、

 

できることなら、

いつまでもふたりで見られたらいいな、

と僕は思った。

 

f:id:teineinikurasu:20160806234615j:plain