読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

で、そういうときは、「彼も人なり、我も人なり」と自分に言い聞かすようにしています。

f:id:teineinikurasu:20161018223713j:plain

 

一緒に生活しておりますと、

もちろん幸せだから一緒にいるわけですが、

ときには、当然、イラッとすることもあるわけです。

 

相手の杜撰(ずさん)さとか、自分勝手さとか、ずるさとか、

そういうのが、離れているよりもずっと、くっきりとした輪郭で目に止まる。

 

で、そういうときは、自分に言い聞かすようにしています。

「彼も人なり、我も人なり」と。

 

もともとの意味は全然違って、

「彼も我も同じ人間なのだから、萎縮する必要はない」

みたいな意味になるんでしょうが、

 

僕は勝手に、

「自分が完璧でないように、相手もまた完璧であるわけがない。

なぜなら相手もまた、スーパーマンではなく、ただの人間なんだから」

みたいに読み替えて、勝手に納得しています。

 

それもこれも、相手の弱さ。

ともすれば、相手に自分の理想像を押し付けてしまいたくなるけれど、

自分にも弱さがあるように、相手もまた弱さを持った不完全な「人間」なのだ、

それを認め合わなくてどうする、といった感じで。

 

完璧を求めちゃあいけません。

自分だってたいした人間じゃないですからね。

 

合掌。

 

(途中から、どっかの尼さんの説法みたいな文章になっちゃいました)