読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたして僕らは、アンコールワットの初日の出を見ることができるだろうか。(1)

f:id:teineinikurasu:20170104202018j:plain

ここはベトナムハノイ

トランジットで搭乗を待っているところです。

 

f:id:teineinikurasu:20170104202118j:plain

ここ10年、年越しはタイのリゾートで過ごしてきたわけですが、

teineinikurasu.hatenablog.jp

 

f:id:teineinikurasu:20170104202209j:plain

今年は一旦タイを卒業しようってことになりました。

そろそろ飽きたし、次のステップに進みたいよねって話で。

そして今回、僕らが年越しに選んだ旅行先はというと、じゃーん!

 

f:id:teineinikurasu:20170104202236j:plain

☆★☆カンボジア!!!★☆★

  

f:id:teineinikurasu:20170104202312j:plain

つーわけで、ほぼ丸一日かけてシェムリアップに到着です!

 

f:id:teineinikurasu:20170104202353j:plain

ずっと相方さんと「カンボジア行きたい!いつか行こう!」って言ってたんですよね~

 

f:id:teineinikurasu:20170104202441j:plain

今回の宿泊先、ソマデヴィ・アンコールホテル&スパです。

 

f:id:teineinikurasu:20170104202510j:plain

お腹がすいたので、さっそく飲食店が並ぶPUB STREETに向かいます。

 

f:id:teineinikurasu:20170104202600j:plain

うぎゃああ!人がいっぱい!!☆★☆★

 

f:id:teineinikurasu:20170104202634j:plain

なんとか席にありつけました。

年末とはいえこんな騒々しいと思ってなかった…

 

f:id:teineinikurasu:20170104202703j:plain

まずはビア・カンボジアで乾杯。

 

f:id:teineinikurasu:20170104202758j:plain

カンボジアの代表料理、イカの生胡椒炒め。

 

f:id:teineinikurasu:20170104202838j:plain

そして、これも代表料理、チュナン・ダイ。

タイ料理よりも辛くないのがいいですね。

 

f:id:teineinikurasu:20170104202913j:plain

定番のビア・アンコールも飲んで、旅行しょっぱなからいい気分です。

 

f:id:teineinikurasu:20170104202952j:plain

喧騒を離れて、静かなバーで飲みなおしました。

なんか大人な気分(まあとっくに大人なわけですが…)。

 

f:id:teineinikurasu:20170104203025j:plain

こんな感じで、一日目の夜はふけてゆきました。

明日はとうとう遺跡めぐりです!!

 

f:id:teineinikurasu:20170104203107j:plain

おはようございます、2日目の朝です。

 

f:id:teineinikurasu:20170104203233j:plain

今日はトゥクトゥクを一日チャーターしてアンコール遺跡群に向かいます。

 

f:id:teineinikurasu:20170104203138j:plain

まずはアンコールチケットをGET!

 

f:id:teineinikurasu:20170104203316j:plain

タ・プロームという遺跡に来ました。

アンコール遺跡群でアンコールワット、アンコールトムに次ぐ人気遺跡なんだそうです。

 

f:id:teineinikurasu:20170104203359j:plain

巨木が遺跡に絡みついて、押しつぶされそうになってますね。

 

f:id:teineinikurasu:20170104203436j:plain

僕「とうとう遺跡に来ちゃったねえ」

 

f:id:teineinikurasu:20170104203522j:plain

相方「えらいとこ、来ちまったなあ」

 

f:id:teineinikurasu:20170104203602j:plain

というわけで、僕らのお決まりポーズ。

 

f:id:teineinikurasu:20170104203650j:plain

退廃的、神秘的、そんで巨木の圧倒的な生命力。

雰囲気が最高の遺跡でした。

 

f:id:teineinikurasu:20170104203759j:plain

ポカリがなぜかハングル。

ここシェムリアップはコリアンがだいぶ幅をきかせているようです。

 

f:id:teineinikurasu:20170104204012j:plain

トゥクトゥクの運転手、コスミックさん(と僕らが勝手に呼んでいた)が次に連れて行ってくれたのは、

 

f:id:teineinikurasu:20170104204052j:plain

二番人気、アンコールトムのバイヨン寺院!!でけえ!!!

 

f:id:teineinikurasu:20170104204151j:plain

いろんなレリーフがあって、ガイドブックと同じ絵を探しながら探索しました。

 

f:id:teineinikurasu:20170104204246j:plain

迷路みたいな回廊を進んで、階段を上ったその先に、

 

f:id:teineinikurasu:20170104204350j:plain

アンコールトムのシンボル「四面仏」登場!!!\(◎o◎)/!

 

f:id:teineinikurasu:20170104204429j:plain

うわあ!!テレビで見たやつや!!!(ふたりとも大興奮)

 

f:id:teineinikurasu:20170104204625j:plain

いっぱいある顔のどれかが「京唄子似」だってガイドブックに書いてあったんですが、

 

f:id:teineinikurasu:20170104204738j:plain

結局、京唄子は探し出せませんでした…

 

f:id:teineinikurasu:20170104204831j:plain

なんか、ほんまに大宇宙。感動。来てよかった。

 

f:id:teineinikurasu:20170104204905j:plain

ちなみに、ガイドブックによりますと1181年建造っていうから、

鎌倉幕府のちょい前くらいですかね。

 

f:id:teineinikurasu:20170104204953j:plain

そんな昔に、よくこんなもん建てたなあってビックリです。

 

f:id:teineinikurasu:20170104205104j:plain

アンコールトム内のバプーオンっていう寺院遺跡に来ました。

 

f:id:teineinikurasu:20170104205158j:plain

頂上でぼーっと景色を眺めながらのんびり。

 

f:id:teineinikurasu:20170104205247j:plain

隠れ涅槃仏なんだそうです。目を凝らせば寝ている仏様に見えなくもない。

 

f:id:teineinikurasu:20170104205326j:plain

で、アンコールトムの敷地内をテクテク歩きまして、

 

f:id:teineinikurasu:20170104205405j:plain

ピミアナカス。

王様たちの儀式の場の遺跡なんだそうです。

 

f:id:teineinikurasu:20170104205453j:plain

ほかにも遺跡がいっぱい点在しているわけなんですが、

 

f:id:teineinikurasu:20170104205536j:plain

キリがないので、このへんで撤収。

「もうムリ!全部周られへん!!」

 

f:id:teineinikurasu:20170104205624j:plain

この頃にはもう汗だくで、喉カラカラ、足ガクガク。

遺跡めぐりは体力勝負です。

 

f:id:teineinikurasu:20170104205658j:plain

マンゴーシェイクでなんとか生き返りました。

 

f:id:teineinikurasu:20170104205737j:plain

さて、今日は12月31日、大晦日です。

 

f:id:teineinikurasu:20170104205833j:plain

NHKワールドでやってた紅白。

(ピコ太郎がダダすべってた)

 

f:id:teineinikurasu:20170104205913j:plain

ホテルのカウントダウン・ガラパーティー(強制参加)。

ほんとはカウントダウンしたかったんですが、

大好きなお酒もそこそこに、早々に部屋に戻り、

その晩はソッコー就寝したのでした。

 

f:id:teineinikurasu:20170104205950j:plain

なぜなら、アンコールワットの初日の出を見るのが今回の旅行の目的だからです。

さて、明日は晴れくれるでしょうか?

 

 

つづく。