読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続くひとりの夜は、僕に遠距離だった頃を思い出させる。

f:id:teineinikurasu:20170209224210j:image

 

タイ出張から帰って来たかと思えば、

次の日、今度はベトナム出張に出て行った。

ったく、忙しいお人だ、相方は。

 

続くひとりの夜は、僕に遠距離だった頃を思い出させる。

ただ相方に会うために、必死でお金を貯めて、

2泊3日弾丸でバンコクに行ったこともあったっけ。

 

スワンナプーム空港の到着ゲートを飛び出して、

そこには真っ黒に日焼けした相方が笑っていて、

その真っ黒さがあまりに黒すぎて、可笑しくなって泣き笑った。

10年前のこと。

 

いまは、一緒にいることがあたりまえで、

それに慣れてしまって、

ときにはぞんざいな態度になることもあるけれど、

いつまでも、あの頃の気持ちを忘れずにいようと思う。

あの経験をしたからこそ、

僕らはきっと強く繋がっていられるはず。