読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんで、父親が倒れていろんなことを考えた。

そんで、

父親が倒れていろんなことを考えた。

 

ICUてやっぱ二親等とかじゃないと入れないんや、とか。

つまり僕は将来、相方の死に目には会えないし、

逆に僕が死ぬとき、そこに相方はいないんやなあって。

わかっちゃいたけど、寂しいなあって。

 

あと、

親の看護とか介護とか、

歯車ひとつ狂ってしまうと、

最悪、実家に帰らないといけなくなったり、

仕事を辞めないといけない状況もあり得るわけで、

そうなると今のこの相方との生活も破綻するなあとか。

 

そもそも、

僕の老後は誰がみてくれるんやろか。

誰が僕を看取ってくれるんやろか。

葬式は誰が出してくれるんやろか。

とか。

なんか考え出したらキリがないんやけど、

 

とどのつまり、

思い知らされたのは、僕と相方は家族のようなものだけど、

家族じゃないってことなわけで。

 

そういうのが、頭では分かってたけど、

現実味を帯びて突き刺さる歳になっちゃったんだなあ。