アレサ・フランクリンを偲ぶ。


Aretha Franklin - I Dreamed A Dream

 

そういえばアレサ・フランクリン死んじゃったなあと、

そんな話をしておりました。

改めて動画を見ると、やっぱすごい。

I Dreamed A Dreamが全然違う歌みたいだもの、いい意味で。

僕もそうですが、相方さんが好きだった歌手のひとりです。

 

本当はヤリに行きたかったという話(双六・三俣登山記)【後編】

f:id:teineinikurasu:20180816001010j:plain

というわけで、槍(3180)を登るのは急遽とりやめて、

目標を双六岳(2860)と三俣蓮華岳(2841)に変更しました。

 

f:id:teineinikurasu:20180816001042j:plain

僕らが登る前日までは快晴だったそうで、

僕らが登った日から狙ったように雨・雨・雨。

 

f:id:teineinikurasu:20180816001107j:plain

僕「雨男っぷり発揮やな」

相方「いやいやオマエの日頃の行いやろ」

 

f:id:teineinikurasu:20180816001130j:plain

と、なすりつけ合いながら双六岳を目指します。

 

f:id:teineinikurasu:20180816001201j:plain

双六山荘から1時間くらい雨風の中を登ります。

 

f:id:teineinikurasu:20180816001233j:plain

相方さん、荒野をゆく。

 

f:id:teineinikurasu:20180816001333j:plain

写真では伝わりませんが、稜線の風に耐えております。

 

f:id:teineinikurasu:20180816001403j:plain

双六岳制覇!視界ゼロではありますが。

 

f:id:teineinikurasu:20180816001430j:plain

こっから三俣蓮華岳に向かいます。

 

f:id:teineinikurasu:20180816001455j:plain

このあたりは野口五郎岳水晶岳鷲羽岳双六岳槍ヶ岳と続く、

裏銀座」と呼ばれるコースの一部でして、

 

f:id:teineinikurasu:20180816001522j:plain

上高地からの槍穂ルートに比べると人が少なく、

花が多く、景色もダイナミックで、

 

f:id:teineinikurasu:20180816001650j:plain

結果として来てよかったなあと思ったわけです。

怪我の功名(?)言葉の使い方合ってる?

 

f:id:teineinikurasu:20180816001804j:plain

うわあ、落ちたら死ぬなあ…

 

f:id:teineinikurasu:20180816001840j:plain

三俣蓮華岳制覇!

 

f:id:teineinikurasu:20180816001902j:plain

今回は双六と三俣だけやけど、来年は裏銀座縦走でもしようか。

 

f:id:teineinikurasu:20180816001930j:plain

なんて話をしておりました。

 

f:id:teineinikurasu:20180816002008j:plain

ぶらぶらと双六山荘まで帰ります。

 

f:id:teineinikurasu:20180816002038j:plain

と思ったら、最後に急な登り!(汗)

 

f:id:teineinikurasu:20180816002100j:plain

山荘のテラスでコーヒータイム、とゆう贅沢。

 

f:id:teineinikurasu:20180816002130j:plain

山荘はババ混みで二人でひとつの布団システムでした。

お盆のシーズンはどこも一緒ですな。

 

f:id:teineinikurasu:20180816002154j:plain

明けて4日目、はい予報どおりの大雨!

写真を撮る余裕なく、ひたすら下山。

 

f:id:teineinikurasu:20180816002300j:plain

山に登ると思うのですが、

人はひとりでも生きていけるけれども、

助け合ったり励まし合ったり、

二人のほうが断然いいなあと今回も思ったわけです。

 

f:id:teineinikurasu:20180816002326j:plain

足痛い痛いと言いながら、ご褒美の酒盛りです。

こうして、夏休みが終わってゆきました。

 

(でも本当は晴れた槍に行きたかったなあ…)

 

本当はヤリに行きたかったという話(双六・三俣登山記)【前編】

前回、槍ヶ岳(以下:槍)に行ったのは2009年。

そんときは王道の上高地ルートで登ったわけですが、

今回は、新穂高→双六山荘→西鎌尾根→槍という裏ルートで槍先を目指します。

いつものだらだら登山記です。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235141j:plain

というわけで、高山駅

7月の豪雨で電車が止まってたので名古屋からバスでした。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235208j:plain

高山でバスを乗り換えて奥飛騨新穂高温泉に向かいます。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235235j:plain

新穂高到着!山がすでにアルプスっぽい。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235302j:plain

今日は移動日なので予定なんもありません。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235346j:plain

ホテルにチェックインしてのんびり温泉。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235414j:plain

時間が余ったのでロープウェイに乗りました。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235438j:plain

遠くにこれから登る山々が見えます(槍は雲の中ですが)。

あとから思えばこれが最後に見た、綺麗な山の景色になりました。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235509j:plain

かきごおる相方さん。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235538j:plain

晩ごはんは飛騨牛~!

 

f:id:teineinikurasu:20180815235603j:plain

そんで飛騨ビール!

ここぞとばかりに贅沢三昧して1日目終わり。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235632j:plain

2日目。

新穂高温泉から双六山荘を目指します。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235658j:plain

天気は、うーん雲が多い…

 

f:id:teineinikurasu:20180815235738j:plain

相方さん、見事にウエストポーチがズレてますな。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235831j:plain

1時間ほど面白くない林道を歩いて、わさび平山荘到着。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235903j:plain

ここから小池新道てゆう登山道に入ります。

 

f:id:teineinikurasu:20180815235942j:plain

パラパラと雨が降り始めました。

 

f:id:teineinikurasu:20180816000011j:plain

2時間ほどで秩父沢に到着。

ここまでは楽勝。

 

f:id:teineinikurasu:20180816000051j:plain

と思ったら、ここから急な登り坂が延々!

しかも雨が本降りになってきて大変。

「これもう修行やん!!」(写真を撮る余裕まったくなし)

 

f:id:teineinikurasu:20180816000203j:plain

2時間ほどで鏡池に到着。

本当は向こうに槍穂の山が見えて、

それが池に映って最高の景色らしいですが…

「なんも見えへんわ…」

 

f:id:teineinikurasu:20180816000232j:plain

AM11時、鏡平山荘到着。

あ~、えらかった。

 

f:id:teineinikurasu:20180816000309j:plain

鏡平山荘で昼ごはん。

 

f:id:teineinikurasu:20180816000338j:plain

鏡から1時間ほど登って、そのあとは稜線歩き。

 

f:id:teineinikurasu:20180816000410j:plain

晴れていたら景色が綺麗なルートですが、雨は一向に止まず。

 

f:id:teineinikurasu:20180816000527j:plain

出発から6時間、双六山荘が見えてきました!

 

f:id:teineinikurasu:20180816000554j:plain

13時、双六山荘到着!

 

f:id:teineinikurasu:20180816000619j:plain

あとは談話室でだらだら過ごして、1日が終わりました。

 

f:id:teineinikurasu:20180816000649j:plain

3日目の朝。

これは日の出と言ってええのやろか…分厚い雲。

 

f:id:teineinikurasu:20180816000713j:plain

この日の天気予報も雨、

風もびゅうびゅう吹いておりまして。

この日は西鎌から槍を登る予定でしたが、

完全に心が折れました。

 

「どうせずっと雨やし槍は今度にするか」

「せやな、裏銀座の低めの山でチンタラしとこっか」

 

(つづく)

 

妻をめとらば。

妻をめとらば 才たけて

みめうるわしく 情けあり

 

昔から疑問なのですが、

この人にとって僕の何が良かったんやろかと思うときがあります。

少なくとも僕は鉄幹のいうそれには何ひとつ当てはまらない。

 

相方さんは酔っぱらって隣で大の字で寝てはります。

このリラックスしきった馬鹿ヅラを見るにつけ、

少なくとも居心地はいいと思ってもらえてるんかなあと、

勝手に思っておりますが、知らんけど。