習慣。

いまだ僕らはひとつの布団で寝ている。

左が相方で右が僕。

 

相手の温もりを感じられるのはいいけれど、

大の字になって寝れないし、

冬は隙間から冷気が入ってきて寒いし、

なにかと煩わしいことが多いのも事実。

 

そして、今日、

相方は出張で不在。

 

本来なら布団一枚、

自分ひとりで使える絶好のチャンスのはずが、

布団に入ると無意識に左側をあけてしまう自分がいて、

「習慣」ってすげえなあと思った。

 

 

1990年代の人間。

1990年代の人間だなあと思う。

否、たしかに今は2018年で、

僕らは今を生きてはいるんだけれど。

 

かっとびハヤブサシビック号で、

相方さんと夜な夜な、

真夜中の京都の街をドライブしてた頃を思い出す。

車内で流していたのは、こんな曲だった。

 

いい時代だった。

ふたりとも学生で、時間はあり余るほどあった。

小沢健二が神様だった。

 


Flipper's Guitar - 恋とマシンガン (Young, Alive, In love)

 

あまたのカップルがいろんな理由で別れていくように。

f:id:teineinikurasu:20181202225211j:image

 

自分たちだけは大丈夫だなんて思わないし、

自分たちが特別だとも思わない。

あまたのカップルがいろんな理由で別れていくように、

僕らもいつどうなるかなんてわからない。

 

ただ今のところ、

相方と飲む酒は格別に旨いと思っているし、

たぶん相方もそう思ってくれていると思う。

冬じたく2018。

f:id:teineinikurasu:20181129150434j:image

 

 

冬もすぐそこだし、

毎年喉が渇いて夜中に起きたりしてるし、

ええい、今年こそは買っちゃおう!

つーて、新しく買った加湿器。

 

もうアロマがいい香り過ぎて、うっとりです。

 

相方さんもよっぽど気に入ったのでしょう、

出てきた水蒸気にずっと頭をさらしてはりました。