読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「運命の人」

f:id:teineinikurasu:20170226231528j:image

 

仕事から帰ると、すでに相方は布団で眠っていた。

きのう徹夜仕事だったから、よっぽど疲れていたんだろう。

 

その背中を眺めながら、

やっぱり僕はこの人のことが好きなんだな、と改めて思った。

そう、これはただのノロケ話。

 

出会った頃から「運命の人」というわけじゃなかった。

最初は同時進行で付き合ってた。

その二十何年も前の昔話を、今でも茶化されるのだけれど、

それくらい軽い付き合いだった。

けれど時を経ていくうちに、いつのまにか、

相方以外の選択肢はないんじゃないかと思うようになった。

時間が僕らを育てたと言えなくもない。

 

むろん運命なんて、振り返ってみて初めてわかることだし、

一応、現在進行形の僕らなので、今を以てしても、

「運命の人」かどうかなんて、まだわかるはずもないのだけれど、

 

ただの思い過ごしかもしれないけれど、

ややもすると二人は運命なのかもしれないと思っている。

そして相方も同じように思っていてくれたら嬉しい。

あまり自信はないけれど。

 

もちろんこんな話は重すぎるから、相方には言わない。

愛しすぎないように、愛さなさすぎないように、

軽いノリで付き合っていければいい。

けれど今夜は、

相方の寝息を聞きながらひとり過ごす夜なので、

なんとなくこの場所に、この気持ちを書き記しておこうと思う。